美容や食生活の大敵である鉄欠乏性貧血の効果的に改善!

特異性と結合力で選ぶ

病院

免疫沈降とは、いわゆる生化学の実験方法の一種で、抗原の検出・分離・精製を行なうものです。この実験によって、特定のたんぱく質やたんぱく質複合体を精製させることも可能となります。免疫沈降の実験は、単に特定の成分からみられる化学反応を見極めるためのものではありません。医学分野で、臨床や病理でも使用され、人体組織に多大な影響を及ぼす症状の総合的診断を行なう際にも活用されています。筋繊維組織が壊死させる炎症性筋疾患の臨床や応用にも役立てられています。

免疫沈降では、抗原に結合させる抗体は特異性と結合力が高いものを選ぶのが望ましいとされています。なぜなら、抗体によってはウエスタンブロッティングという電気泳動で分離してから検出する手法を行なっても、溶液中でたんぱく質と結合できないケースがあります。特に、相性が悪いのが化学合成されたペプチドや組換えたんぱく質を使用した場合です。溶液中のネイティブタンパク質と結合が難しくなるので、抗原の検出・分離・精製が中々成功させられなくなります。

効果的に、免疫沈降を行なう場合は、抗体と抗原の性質を十分に把握しておくのが重要です。それぞれの性質を文献や説明書でじっくり調べ上げた上で、免疫沈降を行なえば良質な抗原の検出が成功しやすくなります。また、使用する抗体のアプリケーションにIP表記がされているものを選択するのも有効です。IP表記された抗体も、免疫沈降を行なう上で高い確率で検出や分離、精製が済ませられます。